2019年7月1日

中国産マグネ大幅下落、供給過剰で 1年6カ月ぶり安値

 中国産マグネシウム相場が大幅下落している。ここ3カ月近くでトン300ドル以上も値を下げ、約1年6カ月ぶりの安値水準に沈んだ。米中貿易摩擦による中国景気の悪化から、マグネ需要が全般的に低迷している。一方で、工場の稼働率が足元で上昇した。供給過剰によるマグネの投げ売りが、相場安を引き起こしている。

おすすめ記事(一部広告含む)