2019年10月4日

レアメタル相場底入れ、一部反転も

レアメタルの国際相場に底入れムードが出てきた。貿易摩擦による中国需要の不透明さから、前月に底割れとなったインジウムやタングステンが横ばいとなり、アンチモンは11カ月ぶりに反発するなど、上昇に転じる鉱種も出ている。ビスマスやセレンの下値探りのペースも鈍化しており、レアメタル全般の買い場が整いつつあるようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)