2020年1月14日

LMEニッケル在庫 3カ月で急増減

 英ロンドン金属取引所(LME)のニッケル指定在庫が短期間で急増減した。昨年10月の1カ月間で約8万トン減り、その後6万トン台で底ばい推移したが、12月9、10、11日のわずか3営業日で12万トン台に膨らみ、足元まで漸増が続く。現地8日の在庫量は16万7910トンと9月中旬の水準に戻した。ニッケルの需給ひっ迫を想定して現物を手当てした筋が、その後の実需停滞などで「換金売りに転じたのでは」と日本の業界関係者らはみる。

おすすめ記事(一部広告含む)