2020年1月23日

日本精鉱 鉄系合金粉の能力3割増強

 日本精鉱は鉄系合金粉の生産能力を約3割引き上げる。EV(電気自動車)や自動運転が本格化する中、車載向けパワーインダクターなどに用いられる鉄系合金粉の需要拡大に備える。既存の工場を拡張することで作業動線を改善し、金属粉末をサイズに応じて振り分ける分級処理能力も増強する。投資額は約2億円で、早ければ今春から着工し、秋ごろの増産開始を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)