2017年6月15日

電気自動車・バス向けの銅消費、10年で9倍超

米ニューヨーク本拠の国際銅協会(ICA)は12日、電気自動車・バス向けの銅消費量が2017年18万5000トンから27年174万トンへ、9倍超に増える予測を発表した。外部機関への調査委託で、一般の内燃エンジン搭載車が1台当たり最大23キログラムの銅を使うのに対し、ハイブリッド車(HEV)の銅使用量は40キログラム、プラグインハイブリッド車(PHEV)は60キログラム、電気自動車(BEV)は83キログラムとの試算を得た。

おすすめ記事(一部広告含む)