2020年2月7日

電線大手 4社減収減益

 国内電線メーカー上場大手5社の2019年4―12月期連結決算は、昭和電線ホールディングス(HD)を除く4社が減収減益だった。光製品の価格競争の激化や、車載向け製品の研究開発費が増大し利益を圧迫した。昭和電線HDは国内の建設用電線やデータセンター向けの通信ケーブル需要を取り込み増収増益となった。なお、古河電気工業とフジクラは通期ベースの業績予想を下方修正、昭和電線HDは上方修正した。

おすすめ記事(一部広告含む)