2020年2月25日

黄銅棒関係者 欧州の鉛規制を注視

 2021年7月に予定されている電子機器と自動車の材料に関する欧州RoHS、ELV指令の改正で、先月あると見込まれていた改正内容の公表が遅れている。次回の改正では銅合金に現在4%まで認められる鉛添加の許容値が厳格化される可能性があり、そうなれば特に黄銅棒業界などで需要構造に劇的な変化を及ぼすことが考えられる。黄銅棒を扱うメーカー、製品問屋、原料問屋は改正内容がどうなるのか気をもんでいる。

おすすめ記事(一部広告含む)