2020年3月26日

伸銅品生産 15カ月連続減

伸銅品需要の先行きに不透明さが強まっている。日本伸銅協会が25日発表した2月の生産速報によると、総生産量は前年同月比6・6%減の6万725トンと15カ月連続で減少した。だが、2月時点で新型コロナウイルス問題の需要・生産への影響はほとんどなかったとみられ、今後さらに下振れする懸念がある。協会は今後の需要影響を予測するのが困難として、例年3月に行う年度需要見通しの公表を延期した。

おすすめ記事(一部広告含む)