2020年5月22日

関東地区アルミ原料、仕入れ値下げ追いつかず

関東地区のアルミ原料問屋の中には、下げ足を速めたメーカーの値下げ対し、仕入れ値の下げが追いついていないケースが見られる。メーカーの買い止めもあり、4月からアルミスクラップ価格が大きく下げたためだ。割安な水準にまで値を下げたことや発生量の減少から、塩漬けにする問屋も増えてきている。一方で、アルミ新塊が先行き上昇に転じたとしても、スクラップが連動して反発するかどうかについては、原料問屋から疑問の声が聞かれる。

おすすめ記事(一部広告含む)