2020年8月3日

住友電工 通期営業利益56%減

 住友電気工業は31日、2021年3月期連結業績予想について、売上高が前期比11・5%減の2兆7500億円、営業利益が56・8%減の550億円となりそうだとの見通しを発表した。同日公表の20年4―6月期連結決算は、371億6300万円の営業赤字となった。主力の自動車関連事業や産業素材関連事業が、大幅に前年実績を割り込んだ。四半期での営業赤字は、リーマン・ショックの影響を受けた09年4―6期以来となる。

おすすめ記事(一部広告含む)