2020年9月4日

中国価格上げも頭重い コロナ禍の下げ一巡、実需回復鈍く

レアメタルの国際相場が頭重い。新型コロナウイルスの影響による下げが一巡し、中国でサプライヤーが安値修正のため価格を引き上げる動きも見られるが、実需は思惑ほど回復していない様子。コバルトやアンチモンなどは頭打ちムードだが、亜鉛製錬副産物のインジウムやガリウムは中国現地価格が約3割急伸しており、続伸の可能性がありそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)