2019年12月6日

コバルト・アンチモン相場 再び下落

 レアメタルの国際相場が頭重い。相場の足かせだった中国のレアメタル取引所在庫が落札され、今夏から底離れしていたコバルトやアンチモンだったが、貿易摩擦が長引く中国をはじめとする需要低調と在庫余剰が解消されず、再び前月比マイナスに転じた。その他の副産物系レアメタルも最安値圏を推移しており、需要が冷え込むセレンは3年半ぶりの安値を更新した。

おすすめ記事(一部広告含む)