2020年9月8日

三菱マテ 鉛レス黄銅に新合金

三菱マテリアルは7日、新たな鉛レス快削黄銅「グローブラス」を開発したと発表した。同社がこれまで販売してきたシリコン入り鉛レス快削黄銅「エコブラス」シリーズに近い強度を維持しながら、熱間加工性や導電率を改善。価格もエコブラスより低く抑えられるため電気・電子部品をはじめ、より幅広い用途での採用を見込む。現在はサンプル出荷を行っており、将来的に鉛レス黄銅材でトップシェアを目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)