2020年9月11日

三協立山・平能社長 国際事業を収益改善

三協立山の平能正三社長は10日、三協立山労働会館(富山県高岡市)とウェブ会議で就任会見に臨み、欧州子会社のSTEP―Gをはじめとする国際事業の収益改善を重点課題の一つとして取り組む考えを示した。短期的には、現地の業務改革を進めるほか、欧州とタイ、国内拠点の連携を図り、国際事業の収益改善を図る。中期的には、全社で収益面の健全経営を確立し、安定的に成長する企業グループを目指すほか、新たな事業分野の開拓も行う。

おすすめ記事(一部広告含む)