2020年9月14日

ガリウム上昇 1年8カ月ぶり200ドル台

 ガリウムの価格が上昇している。ロイターベースの欧州レアメタル価格は現地10日時点でキロ150―170ドルをつけているが、業界関係者によれば足元の国際相場は前月より3割強高いキロ220ドル程度。約1年8カ月ぶりに200ドル台を回復した。中国で高性能モーターの需要が高まり、希土類磁石の添加剤としてガリウムの引き合いが強まったという。中国の生産者が価格の引き上げを訴え、足並みをそろえたことも要因のようだ。ただ、主用途のガリウム―ひ素化合物半導体市場は欧米需要がさえない。投機買いが支えているという見方もあり、200ドル台は長くはもたないという声が聞こえる。

おすすめ記事(一部広告含む)