2020年10月19日

銅電線 上期出荷30万トン割れ

 日本電線工業会は19日、国内電線メーカー約120社の2020年度上期(4―9月期)の銅電線出荷量をまとめ、速報値で前年同期比15・3%減の29万6221トン(銅量)と発表した。半期ごとでみると、出荷数量が30万トンの大台を割るのは、オイルショック期の1974年度下期以来となる。

おすすめ記事(一部広告含む)