2020年12月18日

三菱マテ 車関連販売回復を想定

三菱マテリアルは16日夕に決算説明会をウェブ上で開催し、2020年度(21年3月期)下半期は伸銅品の自動車向け端子材や中国市場向け以外の超硬製品などの販売回復を見込むと説明した。アルミ事業では自動車向け製品の回復のほか、缶材の原材料安や圧延・押出事業のコスト削減効果により、通期黒字幅が拡大する見通し。

おすすめ記事(一部広告含む)