2017年5月26日

大同プラント工業、メンテナンス事業拡充

 大同特殊鋼グループの工業炉メーカー、大同プラント工業(本社=名古屋市南区、山本孝幸社長)は、炉の部品販売を含めたメンテナンスサービス事業の拡充を図り、2020年度(21年3月期)で売上高40億円、ROS(売上高経常利益率)10%以上を目指す。目標達成に向けて、IoTとAIを使った新しいメンテナンスサービスシステムの開発に注力する。

おすすめ記事(一部広告含む)