2020年12月21日

テクニカル今週の相場 12月第4週 銅、13年高値8000ドル視野 アルミ、2000ドル値固め続く

▼銅=ロンドン金属取引所(LME)の現物相場は、2013年以来の高値水準で心理的な節目でもあるトン8000ドルが視野に入ってきた。これまでの上昇ピッチが速かったことによる調整への警戒感はくすぶるものの、リスクオンとともに投機筋による買いが続いている。

おすすめ記事(一部広告含む)