2021年3月11日

マレーシア 金属スクラップ輸入制度厳格化

 マレーシアが銅・アルミ・鉄スクラップの輸入制度を厳格化する。輸入できるスクラップの金属含有量や混入する異物やゴミの許容量を明確にし、輸出国での船積み前検査や許可証の発行、入着時の再検査を義務付ける。マレーシア側の輸入業者についてもスクラップを原料として使用するメーカーなどに限定する。中国の一連のスクラップの輸入規制でマレーシアには低品位のスクラップが大量に流れ、環境問題を引き起こしており水際対策を強める。

おすすめ記事(一部広告含む)