2009年9月17日

マレーシア、鋼材輸入を見直し

 日本鉄鋼連盟がまとめた通商情報によると、マレーシア国際貿易産業省(MITI)はこのほど、8月1日から導入していた鋼材貿易制度の適合性評価基準見直しのため、輸入時の規格適合性証明書(COA)取得義務付けを8月13日から10月12日まで中止すると発表した。政府検査機関(SIRIM)による円滑な通関手続きのため、COA発給所を増やし、COA免除の重量基準も緩和する方針を示した。

おすすめ記事(一部広告含む)