2014年1月23日

コベルコマテ銅管、マレーシア・タイ工場 来年度の供給増

銅管最大手のコベルコマテリアル銅管(本社=東京都新宿区、大城英夫社長)は来年度の需要期に向け、タイとマレーシアの工場から日本国内の需要家向けの供給を強化する。秦野工場(神奈川県)は人員も増やして、設備能力いっぱいのフル生産を続けているが、足元は国内需給がひっ迫しており、春以降は一段と不足する可能性がある。海外で一貫生産できる強みを生かし、需要期にも供給責任を果たす考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)