2021年3月12日

特金スクラップ ニッケル系値決め混乱

 特金スクラップの市中取引の中心値が定まらなくなってきた。ニッケル相場の急反落を受け、取引指標とされる前月平均と足元の価格が乖離。大手ステンレスメーカーの早急な購入価格引き下げにより、市中相場も足元相場寄りになってきたが、一方で輸出価格が割高なため、値決めが混乱している。手持ち筋は先安観から売り急ぎたい意向だが、従来通りの売値で成約は難しくなってきた。

おすすめ記事(一部広告含む)