2021年4月13日

東邦チタ チタン国内販価10%引き上げ

 東邦チタニウムはスポンジチタンやチタンインゴットの2021年度(21年4月―22年3月)国内販売価格を、昨年度比10%程度引き上げる方針だ。需要家であるチタン展伸材メーカーと価格交渉を行う。原料であるチタン鉱石の価格が値上がりしており、利益を圧迫する。さらに船賃は昨年4月ごろと比べ5割程度増加しており、コスト増を値上げで吸収したい考え。価格の適正化により金属チタン製品の安定供給を図る。ただ展伸材需要は低調なため、交渉の長期化もあり得そうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)