2021年4月15日

電池サプライチェーン協議会 国際標準化など推進

 材料メーカーや商社などで組織する電池サプライチェーン協議会は14日、東京・茅場町の鉄鋼会館で設立総会を開催した。同協議会は電池に関する国際競争力強化やリサイクル体制構築、国際標準化などの審議を行う。阿部功会長(住友金属鉱山執行役員・電池材料事業本部長)はあいさつで自動車の電動化により求められる電池需要が従来の何百倍にも高まっていると言及。「需要拡大に対する国内のさまざまな問題解決に向けて積極的に活動を行う」と語った。

おすすめ記事(一部広告含む)