2021年5月20日

コバルト相場 20ドル前後が分かれ目

 コバルト相場が着地点を探っている。主用途のリチウムイオン電池では省コバルト化が進んだが、車載用がけん引して市場規模は拡大し、世界需給のカギを握る中国の買い気にもムラがなくなり、実需に安定感が出てきた。相場乱高下のたびに使用を敬遠されてきたコバルトだが、国際相場がポンド20ドル前後に収まるかが、長期的な需要安定化の分かれ目と見られている。

おすすめ記事(一部広告含む)