2021年7月5日

JX金属 欧州でLiBリサイクル推進

 JX金属は国内外で使用済み車載用リチウムイオン電池(LiB)リサイクル事業と電池材料事業の体制を強化する。同社は5日、8月1日付でドイツ・フランクフルトにLiBリサイクルの早期事業化に向けた実証試験などを行う新会社「JX・メタルズ・サーキュラー・ソリューションズ・ヨーロッパ(JXCSE)」を設立すると発表した。廃LiBが含むレアメタルを再度車載用LiB原料として使う「クローズドループ・リサイクル」を推進する。国内では「電池材料・リサイクル事業推進室」と「技術開発センター電池材料グループ」を設置。リサイクルと材料開発を一元的に進める体制を構築する。

おすすめ記事(一部広告含む)