2020年10月9日

JFEエンジ リサイクル・発電事業、売上高1000億円に引上げ

JFEエンジニアリング(大下元社長)は、リサイクル・発電事業の売上高を2025年度までに現在の660億円規模から1000億円規模に引き上げる考えだ。主力3事業(環境・エネルギー・社会インフラ)と合わせ4本目の柱として同事業を成長させる。リサイクル・発電事業では、地域や案件ごとに企業と連携し新規投資を判断するが、大下社長は「全事業投資額の半分程度をリサイクル・発電事業に充てたい」とし、ESG(環境・社会・企業倫理)投資を軸に据えた中長期目標を掲げる。

おすすめ記事(一部広告含む)