2021年7月7日

住友金属鉱山 正極材能力7000トンに増強

住友金属鉱山は6日、470億円を投じ二次電池用正極材の生産能力を引き上げると発表した。正極材を生産する磯浦工場(愛媛県新居浜市)の近隣地にニッケル系正極材の新工場を建設する。播磨事業所(兵庫県加古郡)で生産するプリカーサー(前駆体)の生産能力も引き上げ。2025年の完成を予定しており、一連の増強投資完了後のニッケル系正極材生産能力は月間7000トン弱になる。

おすすめ記事(一部広告含む)