2021年8月4日

東北大など アルミ―鉄系水素吸蔵合金を開発

 量子科学技術研究開発機構や東北大学などの研究グループはこのほど、高価なレアメタルを使わないでも多くの水素を蓄えられるアルミ―鉄系の水素吸蔵合金を開発したと発表した。安価で資源量が豊富な金属の組み合わせでも高効率に水素を貯蔵できることが分かり、新たな水素吸蔵合金を開発するうえで材料探索の幅が広がるとしている。

おすすめ記事(一部広告含む)