2021年8月30日

伸銅品値決め 前3カ月平均にシフト

 伸銅品取引の値決めで、基準とする銅建値平均が前月から前3カ月にシフトする動きが出ている。今年に入り銅相場上昇が加速し、前月平均ベースの価格の変動幅が大きくなったため、販価の平準化を図る措置として採用されているもよう。売り手にとっても、買い急ぎや買い控えによる荷動き増減の波を抑えるメリットが見いだされている。

おすすめ記事(一部広告含む)