2021年9月8日

インジウム価格上昇 中国大手が供給抑制

インジウムが上昇している。業界関係者によると、足元の国際スポット価格はキロ240ドル程度で、前月より2割弱値を上げた。中国の大手サプライヤーが供給を抑制したためタイト感が強まった。他社も数量を絞っており、現在、中国からのオファーは限定されている。中国の国内価格が国際価格を上回っているため、「北米の製品を扱う商社への引き合いが強まった」(関東のレアメタル商社)という。主用途のITO(インジウム・錫酸化物)スパッタリングターゲットの需要は底堅いため、中国のオファー再開まで強基調は続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)