2021年10月20日

伸銅・電線 見積もり停止相次ぐ

伸銅品や電線の取引で見積もり停止が相次いでいる。19日、銅建値がトン14万円上げの134万円に改定されたが、見かけ上の輸入採算価格と大きく乖離したこともあって、市中は混乱。見積もりの基準とする銅価が不透明なことから、回答を控えるメーカーや流通問屋が続出しており、受注も事実上凍結されているようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)