2021年11月12日

日本圧延工業 前下期から回復

 日本圧延工業(本社=滋賀県東近江市、磯部正信社長)がこのほど発表した2021年7月期の通期業績は、売上高が前期比9%増の29億9000万円、営業利益は52%減の1億円で増収減益だった。アルミ地金相場の上昇で増収となり、利益は下期に消火器用の需要が上向いたが上期に新型コロナの影響で減産した影響が残った。

おすすめ記事(一部広告含む)