2021年12月15日

東北大学 低品位アルミドロスを悪臭除去に

東北大学大学院工学研究科の平木岳人特任准教授を中心とした研究チームはこのほど、メタル含有量が少ない低品位アルミドロスを悪臭除去材料として活用する技術を確立した。低コストでアルミドロスを無害化でき、無害化したアルミドロスを悪臭除去材料としてリサイクルできる。今後は実用化に向けて2023年度以降にパイロットプラントを開設し、25年度以降の実用化を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)