2022年2月18日

軽圧品市況 厚板・丸棒が好調維持

軽圧品の市況は分野ごとで濃淡が出ている。半導体製造装置や工作機械向けの厚板、丸棒は2月も好調な荷動きを維持するとみられる。一方で、自動車関連は減産の影響が引き続き、板・押出・鋳鍛で軟調に推移しているという。指標となる国内新地金価格は、海外相場の上昇に伴い、次の4―6月期にキロ10―20円ほど上昇し、400円を突破するとの見方も出ている。
おすすめ記事(一部広告含む)