2022年3月18日

LMEニッケル取引再開、5%急落

ロンドン金属取引所(LME)は16日にニッケル取引を再開し、LMEセレクト(電子取引)は開始直後に3カ月先物が値幅制限いっぱいとなる5%の下げを見せた。セレクトはシステム上の問題が発生し、間もなく取引を再停止。公式価格を決めるリング取引は行われ、3カ月先物はやはり5%安となった。LMEは同日の取引を「混乱イベント」と判断したため、この数値は公式価格として認められない。

おすすめ記事(一部広告含む)