2022年5月10日

ダイキマテリアル ミックスメタル月間処理3000トンへ

大紀アルミグループでミックスメタルの処理選別を手掛けるダイキマテリアル(本社=三重県亀山市、北川百合枝社長)は、年内に月間処理量を足元の50%増の3000トンに引き上げる。新工場が2年前に完成し、当初は思ったように処理数量を伸ばせなかったが、足元は操業が安定し月平均2000トンの処理が可能となり、今後はスクラップの集荷強化や増員などで処理量を伸ばす。






おすすめ記事(一部広告含む)