2022年7月4日

フルウチ化学 ニオブ添加SrTiO3単結晶を拡販

 JX金属子会社のフルウチ化学(本社=東京都品川区、中村正志社長)は、デバイス向けにニオブやランタンを添加したチタン酸ストロンチウム(SrTiO3)単結晶の拡販を図る。電気の通りやすさであるキャリア濃度や、光通信に求められる透過率を制御。顧客の要望に細かく対応する。既に医療用検査機器などで採用実績もあるという。上市している製品は直径10ミリメートルだが、現在2インチ(5・08ミリメートル)サイズを開発中。大口径化により顧客の歩留まり向上や工程の単純化につなげ、さまざまなデバイスでの採用を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)