2022年7月12日

岡田商事、家電プラ選別・ペレット生産機導入

金属リサイクルの岡田商事(本社=津市、岡田志江社長)は家電由来の廃プラスチック事業を強化する。約5億円を投じて本社工場の近隣にある岡田金属マリーナ工場に家電プラ専用の選別ラインとペレット生産ラインを2021年末に導入した。月産能力は約3000トン。足元は1000トン規模で家電プラを原料とする再生ペレットを生産しているが、今後さらに集荷量を拡大してフル操業に引き上げたい考えだ。





未購読者の方はこちらからお申し込みください


日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)