2022年8月3日

栄新商事 栄新テクノパーク本稼働

非鉄総合リサイクル業者の栄新商事(本社=京都府宇治市、福田卓也社長)の新ヤード・栄新テクノパーク(同京田辺市)がこのほど本稼働した。大型シュレッダー(破砕機)や各種選別装置、ナゲット加工機などを完備し、給湯器や非鉄雑品、雑線の破砕・選別を手掛ける。足元は給湯器が月200―300トン、雑線は400トンでスタートし、将来的は給湯器1000トン、雑線800トンの処理を計画する。本稼働に並行して各拠点にも投資を進め、本社工場と三重支社(四日市市)、新ヤードの3拠点で破砕選別の一貫体制が整った。

おすすめ記事(一部広告含む)