2022年9月5日

チタン展伸材 上期出荷量2割増

 日本チタン協会がまとめた金属チタン統計によると、2022年1―6月のチタン展伸材の出荷量は前年同期比19%増の6746トンだった。国内向けは3%増の2491トン、海外向けは31%増の4255トンとなり、輸出が大きく伸びた。用途別では、国内は電解や販売業者、航空機向けが伸びた一方、自動車や電力がマイナスだった。海外は主力のプレート式熱交換器(PHE)向けが大幅増。航空機向けも伸びた。インゴットの生産は57%増の8764トンだった。

おすすめ記事(一部広告含む)