2022年9月21日

東邦亜鉛 鉛専用船が竣工

東邦亜鉛はこのほど同社初の鉛専用船「新光丸」が竣工し、13日に進水式を行った。最大積載は700トンで、子会社の東邦契島製錬(広島県豊田郡)で生産する鉛地金を東名阪エリアの倉庫に輸送するのに使う。復路では巣鉛などの製錬原料を運ぶ。専用船を持つことで最適な荷役のスケジュールを組めるようになることから、輸送の安定化を図れるとともにコスト面でもメリットを見込む。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)