2022年11月30日

CKサンエツ 再値上げ検討せず

CKサンエツは、黄銅棒線などの加工賃(ロールマージン)の再値上げは当面検討しない意向を明らかにした。足元でもエネルギー費の高騰が続いているものの、これまで実施した価格改定でコスト上昇分を十分に転嫁できると判断。ただ、来年4月以降は電力価格がさらに上昇することも想定され、その場合は「再び顧客に価格見直しを相談せざるを得ない」(釣谷宏行社長)との考えも示した。
おすすめ記事(一部広告含む)