2022年2月3日

サンエツ金属 ローレット棒加工賃上げ

 黄銅棒線最大手のサンエツ金属(本社=富山県砺波市、釣谷宏行社長)は、ローレット棒の加工賃(ロールマージン)を3月1日受注分から改定する。値上げは全製品が対象で上げ幅は25―30%。治工具やエネルギー費、人件費などのコストが上昇する中、安定供給を続けるためにやむを得ないと判断して価格見直しに至った。
おすすめ記事(一部広告含む)