2022年12月13日

米国10%のアルミ関税 WTO協定違反

 世界貿易機関(WTO)の紛争処理パネルが9日に公表した報告書では、2018年に安全保障上の脅威を理由に、米トランプ政権下で決定した10%のアルミ関税に対してもWTO協定違反とした。WTOの上訴機能は米国の改革提言を受けて機能不全に陥っており、結審への見通しは立たない状況だ。
おすすめ記事(一部広告含む)