2015年11月4日

新日鉄住金、米クランクシャフト子会社 第4鍛造プレスライン商業化

 新日鉄住金は4日、子会社で米国ケンタッキー州の自動車用鍛造クランクシャフト製造・販売会社インターナショナル・クランクシャフト社(ICI、増田信昭社長)が第4鍛造プレスラインの商業生産を開始したと発表した。米国内の旺盛な自動車需要に対応し、ICI全体で年間400万本を生産する。年間生産能力は270万本から50%拡大する。日本の製鋼所(大阪市)の生産能力と同等の規模となり、グローバルでは中国、インドの各拠点と合わせ、年1230万本の生産能力体制を確立した。投資額は約4600万米ドル(56億円)。

おすすめ記事(一部広告含む)