2018年4月19日

リオ・ティント、鉄鉱石生産7144万トン 1―3月 前年比7.9%増加

 英資源大手のリオ・ティントが18日発表した1―3月の生産実績によると、鉄鉱石の持分生産は7143万6000トンと昨年10―12月比5・6%減った。雨季で操業の停滞が起きやすいが、前年同期比では悪天候の影響が少なく、7・9%増だった。年間計画は西豪州ピルバラ地区の事業全体の出荷量で3億3000万―3億4000万トンを維持した。

おすすめ記事(一部広告含む)