2019年10月7日

豪炭鉱開発、環境問題が障害に

 豪州の原料炭など炭鉱開発に環境問題が障害として浮上している。豪州駐在員によると、豪ニューサウスウェールズ(NSW)で9月中旬、韓国電力公社の一般炭鉱開発計画が却下された。一般炭案件だが、原料炭を含めて開発の障害になりかねないとして、石炭業界に衝撃が走ったという。今のところ原料炭主体のクイーンズランド州(QLD)にそうした動きはないが、一般炭開発への反対運動が激しさを増しており、原料炭でも住民との折り合いや許認可の取得などのハードルが上がっているという。

おすすめ記事(一部広告含む)