2020年2月19日

リオ・ティント、20年鉄鉱石出荷見通し下方修正

 英資源大手のリオ・ティントは18日、サイクロンの影響で2020年の西豪州ピルバラ地区からの鉄鉱石出荷量が想定より減ると発表した。事業全体の出荷量見通しを3億2400万―3億3400万トンと従来の3億3300万―3億4300万トンから下方修正した。需要家への影響は最小化するとしている。

おすすめ記事(一部広告含む)